誰かも分からない男たちによって、代わる代わる犯●れ、僕の名を叫びながら前も後ろも犯●れてしまう恋人の姿を妄想し、自らの手で性欲を吐き出す排他的な日々……。自分の性癖が他の人に比べて歪んでいると理解しているからこそ、僕は必死にその欲望を胸の内に秘めておこうと思った。――そう、あの日まで。このエロゲーのタイトルは「僕と彼女の淫らな宴」です。

おすすめの記事